FC2ブログ

[初心者向けネットビジネス用語]

ここでは、「[初心者向けネットビジネス用語]」 に関する記事を紹介しています。
hk


>ツールの評価&感想一覧<


tk




ご訪問ありがとうございます♪

こんにちは。

当ブログを運営しております、

ただのひろと申します。

当ブログでは、あなたがインターネットビジネスを行っていく

上でお役に立てる、ノウハウを中心に、ご紹介しております。

インターネットビジネスって怪しくないの??

残念なことに、詐欺的な情報もたくさん出回っていますが確かな情報もあります。
このサイトでは、両方についてご紹介します。



⇒ 実はこのブログ、ランキング●位なんです


悪徳情報撲滅のために1日1クリックご協力くださいませ♪
↓↓↓




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポータルサイト (portal site)は、WWWにアクセスするときの入口となるウェブサイトのこと

元々ポータルとは、港(port)から派生した言葉で、門や入口を表し、特に豪華な堂々とした門に使われた言葉である。この事から、ウェブに

アクセスするために、様々なコンテンツを有する、巨大なサイトをポータルサイトというようになった。入口、玄関という意味でエントランス

(entrance)を使わなかったのは、ポータルには「豪華、堂々とした」という意味合いが強かったためと思われる。

ポータルサイトは、検索エンジン、ウェブディレクトリ、ニュース、オンライン辞書、オークションなどのサービスを提供し、利用者の便宜を図っている。


主なポータルサイト
Yahoo! JAPAN

Google

livedoor

goo

MSN

インフォシーク

はてな

Excite

フレッシュアイ


役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ






TOPページへ




スポンサーサイト
媒体(メディア)

メディアとは、情報の記録、伝達、保管などに用いられる物や装置のこ

とである。媒体(ばいたい)、情報媒体などと訳されることもある。記

録・保管のための媒体とコミュニケーションのための媒体とに大別する

ことができるが、両者には重なりがある。

アフィリエイトは、ブログやホームページ、メルマガなどの広告媒体で行う。


役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ




TOPページへ


ウェブサイト (Website) は、World Wide Web(WWW)上にあり、(一

般に)特定のドメイン名の下にある複数のウェブページの集まりのこ

と。サイトと呼ばれることもある。例えばある企業が自社製品について

紹介するため自ら立ち上げたサイトをその企業の公式サイトなどと呼
ぶ。


なお、「ホームページ」という語が「ウェブサイト」の意味で使われる

こともある。これは本来は誤用であるが、2007年現在、広く用いられて

いる。詳しくはホームページを参照のこと。


役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ





TOPページへ

識別子(しきべつし, identifier)とは、対象を一意に識別する名前の

ことであり、何らかの形式に従った記号列として表現される。ほぼすべ

ての情報処理システムで何らかの識別子が使われており、識別子を利用

することで記号的な処理が可能になる。



役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ






TOPページへ

ping(ピング、ピン)はTCP/IPネットワークにおいて、
ノードの到達性を確認するツールである。

TCP/IPネットワークへの接続をサポートする
オペレーティングシステム(OS)には、


大抵デフォルトで搭載されている。
pingはICMPのecho requestパケットを

対象ノードに投げ、対象ノードからecho responseが
返ってくることで到達性を確認している。


pingではリプライが返ってくるまでの時間や応答率から、
対象ノード間のラウンドトリップタイム(RTT)や



パケットロス率を求めることができる。
これらは対象ノード間の回線状況を知るため重要な情報である。


1983年12月、当時アメリカ陸軍の弾道学研究所に所属していた
マイク・ムース氏が自身の管理するネットワークでのトラブルシュート用


にプログラムを書いた。そのプログラムの挙動が潜水艦などで使われる
アクティブソナーの発する音波(=ping)の挙動と似ていることから、


pingと名づけた。






役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ





TOPページへ

一般的にトラックバックとは、他人のブログの記事の内容を引用・参照した時、
あるいは他人のブログの記事が自身のブログの記事と関連性のある話題


を書いている場合などに、自身のブログの記事が引用・参照した事や
関連性がある事を通知する目的で行なわれるものである。


ただし、トラックバックの意義については、ブロガーの間でも考え方
に相異があり、意義や許容範囲に関する部分で食い違う事がある

この機能を利用するためには、自分のウェブサイトがトラックバック
Pingを送信でき、且つリンクを作成したい相手のウェブサイトが


トラックバックPingを受信できる必要がある。
自身のウェブページのリンクや、概要を載せたい相手のウェブページ



のトラックバックURLをコピーし、自身のウェブページからトラックバックPing
を送信する方式が多い。



トラックバック機能が出現する以前も、コメント欄や掲示板などに書き込んで、
他人のウェブサイトにリンクを貼ったり、自分のウェブサイトの概要をまとめて



通知する事はできた。しかしトラックバックの機能は、そのようなやり方に比べて、
かなり簡単にそれらと同じ結果が得られる点が、非常に画期的である。



トラックバックスパムの問題から、ブログの管理者が容認しないとトラックバックの
結果を表示しないブログもある。


トラックバックは、ブログで使われることが一般的であるが、最近ではブログ以外にも、
Wikiやニュースサイト、掲示板などでも利用されている。


役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ







TOPページへ

ブログBlog とは、狭義にはウェブ上のウェブページの
URLとともに覚え書きや論評などを加え記録(ログ)している

ウェブサイトの一種。「WebをLogする」という意味でWeblog
(ウェブログ)と名付けられ、それが略されてBlog(ブログ)



と呼ばれるようになった。
ブログの始まりは、英語圏のウェブにおいて、自分が気になった

ニュースやサイトなどのURLを、寸評つきで紹介したこととされる。
その後、Blogger、Movable Typeなどのブログ用のツールが出現した。



イラク戦争の時には現地から更新されるブログが話題となり、
その知名度を大きく引き上げる結果となった。



現在、より頻繁に用いられている広義には作者の個人的な体験や日記、
特定のトピックに関する必ずしもウェブに限定されない話題などのような、



時系列で比較的頻繁に記録される情報についてのウェブサイト
全般を含めてブログと呼称する。このようなウェブサイトの作成機能を提供する


ソフトウェアやサービスなどを指して呼ぶ場合もある。
又、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)やブログや


口コミメディアを総称してCGMと呼ぶこともある。
ウェブサイトとしての体裁は主として管理者が記事を投稿する


私的ニュースサイト的なものが多い。ブログを投稿する特定の方法に
限定されないが、ブログ向けのソフトウェアがあり、それをレンタルや


ダウンロードをして使えば、HTMLを知らなくてもWebブラウザから手軽に
情報の発信・更新ができる。



それぞれの項目にはタイトルがつけられ、時間軸やカテゴリで投稿を整理、
分類する構造となっている。



用途は広く、個人の日記的なものから、手軽な意見表明の場として、
時事問題などについて論説するものもある。


トラックバック機能などを通じて形成されるコミュニティを指して
ブログ界(Blogosphere)とも呼ばれる。



ブログの更新者は有名人から一般市民まで様々であるが、
彼らブログの更新者のことを一般にブロガー(blogger)と呼ぶ。



携帯電話モバイル端末を使用しメールを送信して更新するブログは
モブログ(moblog)写真画像を主体として更新されるブログはフォトログ


(photolog、fotolo)、ビデオコンテンツを配布するビデオブログはブイログ
(ないしヴログとも)(Vlog)、自分の持っている書籍のISBNコードを使って


登録すると自動的に本棚にその本が置かれる本専用のブログをブクログ
(一部、ブクログではCDやDVDのISBNコードを利用して登録し表示させることも可能)


と呼び、通常、投稿にはテキストやイメージが添えられる。
多くのブログシステム(サービス)はRSSフィードやAtom


(以降、特に断りがなければRSSとはこれら2つを指す)を使って更新を自動通知したり、
トラックバック機能を使用して、他のブログからの引用やリンクを自動で行えるなどの



充実した編集機能が備わっている。RSSによるXMLを使った定型
での情報配信は、それぞれのブログから配信されるRSSを自動巡回


サービスで取りまとめて、更新があったときにユーザに通知するサービス
を生み出した。また、データ配信の形が定まっているため、ニュース配信



も容易で、大手のマスコミがニュースをRSSで配信し始めるようになった。
日本ではブログという言葉はなじみの薄いものであり、すでに世界最大級の



電子掲示板集合体2ちゃんねるやスラッシュドット日本語版があって
コミュニケーションサイトとして浸透していたことで、日本でブログが広まるのかという



懸念はあったが、ツールの日本語化などにより、2002年ごろから急速に広まった。
日本独特の進化を遂げたブログとして、携帯電話からの写真付投稿等に対応した



ブログ(Mobile Blog)がある。ブログという言葉が日本で普及する以前から、
日本にはウェブサイトやWeb日記、個人ニュースサイトといったジャンル



のサイト、およびそれに付随するコミュニティが存在した。係る背景から日本では
ブログという言葉はサイトのジャンルというよりも、ブログ向けのツールを使って作



られたサイトを指すことが多い。また、ホームページビルダーなどで作成された
ニュース・日記系サイトが、ブログ用ツールでの作成へと移行するケースも多い。


今現在の状況としてブログは市民権を得ており、最近では人気タレントや政治家、
その他著名人などによるブログも増加し、着実に普及している。







役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ






TOPページへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。