FC2ブログ
管理人が、アフィリエイト中心にネットビジネスの優良情報を収集。みなさんの副収入アップをお手伝いします。詐欺商材&優良商材の評価もしています。 みなさん参考にしてください。
hk


>ツールの評価&感想一覧<


tk




ご訪問ありがとうございます♪

こんにちは。

当ブログを運営しております、

ただのひろと申します。

当ブログでは、あなたがインターネットビジネスを行っていく

上でお役に立てる、ノウハウを中心に、ご紹介しております。

インターネットビジネスって怪しくないの??

残念なことに、詐欺的な情報もたくさん出回っていますが確かな情報もあります。
このサイトでは、両方についてご紹介します。



⇒ 実はこのブログ、ランキング●位なんです


悪徳情報撲滅のために1日1クリックご協力くださいませ♪
↓↓↓




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
       情報商材における問題点
情報商材には以下のような悪徳商法と考えられるような物がほとんどであり、利用者には慎重な判断と十分な注意が求められる。


    情報販売における宣伝文句の正確性
情報商材の販売では、往々にして購入者の成功例を載せている。これらはそれ自体の正確性に疑問がもたれる場合も多い。また「あとXX人で販売を終わります」「まもなく値上げします」など購入を煽ることが多いが、これらも事実でない場合が多く、単に「そうしたら売れるかも」という販売テクニックが横行しているだけである。

特に「多額の現金を容易に得る方法」においては購入を促すために、証拠として札束や通帳の画像にオークションIDをかぶせたものを掲載することが多い。しかしインターネットにおいてこういった画像自体を販売するものさえあり、購入する側はこういった事情を知らずに購入することになってしまうことが多く、苦情が多く起こっている。

またインターネットオークションでは、あたかも多く入札があるかのように見せかけるためのサクラを代行する業者がいたり、予め業者と結託して出品履歴を捏造することで優良な出品者を装ったりする。こういった行為が情報販売にも用いられることがあり、注意すべきである。

また情報に書かれていること自体が事実であっても、法律の抜け穴や、機械の欠陥を利用している場合があり、その場合は欠陥が修正されれば情報は無効になる。そういったことを知らないまま情報を購入しても意味がない。パチンコ・パチスロの攻略に置いては機械の欠陥を用いるものが多いが、大抵はすぐ修正されてしまうため、その情報は意味をなさなくなってしまう。


    情報自体の価値、評価の問題
情報によっては、一般に販売される書籍や新聞・雑誌に掲載されている内容と大差なかったり、それ以下の場合もある。例えばダイエットや株式投資に関する本は書店で多く売られているが、それらに比べて情報商材として売られている同様のものは、これらの書籍より情報価値が低いわりに高額なことが多い。しかし、情報商材の方がその金額に見合うような内容なのかは分かりにくい。

情報商材では基本的に書店のような立ち読みが出来ない。そのため、購入したあとに予想したものと全く違った、期待はずれだったということがほとんどである。一般の書籍は新聞・雑誌等の書評、Amazonや個人の運営するサイトなど、様々な方法で実際にその本を読んだ人の評価を見て、購入の参考にすることが出来る。

情報販売のサイトに載っている購入者の声はあくまで販売者が掲載しているものであり、そのほとんどが公平性に欠けている。「成功をした者の喜びの声」といった類のものでも、実際はそのような声はなかったというケースがほとんどである。情報商材が一般に書籍やインターネットで無料で公開されている情報とどう違い、どう価値があるのかを購入者は見分ける必要がある。

中には下記のような、あまりに安易で低俗であり、明らかに価値を見出せないようなものもある。購入するまでは内容を明かさないためこのようなものでもまかり通ってしまうのである。




「○○万円を稼ぐ」→ 情報商材を売りましょう・ポイントメールに登録しましょう
mixiで稼ぐ→ 足跡をつけまくりましょう・ニュースで日記を書いて訪問してもらって自分のサイトに導きましょう
簡単にに有効なメールアドレスを集める→yahooオークションからyahooIDを集め@yahoo.co.jpをつけましょう
ゴルフクラブを格安で手に入れる方法→中古品やオークションを利用しましょう
一日で確実に30万円を手に入れる→消費者金融で30万円借りましょう
安く新幹線に乗る→チケットショップを利用しましょう
アクセスアップをする→トラックバックや掲示板でスパムを行いましょう
検索エンジンで上位を取った→誰も検索しなく高順位の取りやすいキーワードを取りました・SEOスパムをしました


皆さんこのような情報に引っかからないようにこのサイトをおおいに利用してください。

役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ





トップページへ
スポンサーサイト

PPC広告
Pay (ペイ)Per(パー) Click(クリック)広告の略。
アドセンス、アドワーズやオーバーチュアのようなクリック型報酬の広告手段のこと。


広告がクリックされた回数分だけコストが発生するクリック課金タイプの広告。


中でも、検索エンジン(Google、Yahooなど)の検索結果画面に広告が表示されるものを指すことが多い。
Pay Per Click広告の略。







PPC広告見本










PPC広告は、広告の掲載にはコストがかりません。広告がクリックされた回数に応じて広告費用が発生します。
基本的に広告内容に興味のない人は、わざわざ広告をクリックすることはないので、高い精度で絞り込まれた見込み客だけを、ムダな広告費用をかけずに効率よく獲得できる広告手法として、広告主の注目を集めています。


また、検索エンジンユーザーにとっても、検索結果画面の目立つ位置に表示されるPPC広告は注目度が高いようです。検索エンジンユーザーの63.8%が、PPC広告をクリックした事があると答えています。


実際には、純粋な検索結果とPPC広告の区別を意識していないユーザーも多いので、もっと多くの人がPPC広告をクリックして、その先にある商品やサービス紹介サイトを目にしていると考えられます。



役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ




トップページへ

ASP
ASPとはAアフィリエイトSサービスPプロバイダの略です。
簡単に言うと仲介業者です。
アフィリエイトの流れとしては、ASPに登録し、
そのサイトから広告リンクをもらい自分の宣伝媒体にはっつけて、宣伝。
自分のサイトから成約すると企業がASPに報酬を支払い、
ASPが私たちに報酬を支払うという流れでになります。
有名なところはA8ネット、アフィリエイトパーク、トラフィックゲートなどがあります。情報商材を多く扱っているところは、インフォトップ、インフォカート、インフォストアなどがあります。
ちなみに最初に登録するならA8ネット は定番ASPでおすすめです。







infotop


SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート




役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ




トップページへ
Adobe Systems社によって開発された、電子文書のためのフォーマット。レイアウトソフトなどで作成した文書を電子的に配布することができ、相手のコンピュータの機種や環境によらず、オリジナルのイメージをかなりの程度正確に再生することができる。文字情報だけでなく、フォントや文字の大きさ、字飾り、埋め込まれた画像、それらのレイアウトなどの情報を保存できる。PDF文書の作成には同社のAdobe Acrobatというソフトウェアが、表示にはAcrobat Readerというソフトウェアが必要。


役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ




トップページへ
 検索エンジンから自社Webサイトへの訪問者を増やすマーケティング手法。  検索エンジンのより上位に自社サイトが掲載されるようコンテンツを最適化するSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)や、キーワード連動型広告や有料リスティングサービスによる広告掲載などの手法がある。  もともと、検索エンジンの検索結果ページから自社サイトを訪れる人はその分野に関心を持っている可能性が高いため、優良な見込み客であることが経験的にわかっていた。この経験則を一歩進め、検索エンジンを広告媒体として積極的に活用するマーケティング活動がSEMである

役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ



トップページへ
検索エンジン最適化のこと

検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、
英:サーチエンジンオプティマイゼーション)とは、


ある特定の検索エンジンを対象として検索結果で
より上位に現れるようにウェブページを書き換えること。


またその技術。サーチエンジン最適化とも言われる。
英語のSearch Engine Optimization" の頭文字を取って


SEO(エス・イー・オー/セオ)とも言われる。
最適化の対象になる検索エンジンは、

Googleであることが多い。これはGoogleのシェアが高いこと
(特にアメリカ)による。


日本ではYahoo!サーチの利用者が多いため、Yahoo!サーチ対策
も重視されている。最適化を不適切に行うと、検索エンジンの


ランキングを意図的に変更され、結果として利用者の利便性を損
なうことになるため注意が必要である。



また、検索エンジン最適化のことを「SEO対策」と言われる
こともあるが、これは誤用である。



役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ



トップページへ
Webサイトの提供者が、Webブラウザを通じて訪問者のコンピュータ
に一時的にデータを書き込んで保存させるしくみ。


Cookieにはユーザに関する情報や最後にサイトを訪れた日時、
そのサイトの訪問回数などを記録しておくことができる。


Cookieはユーザの識別に使われ、認証システムや、WWW
によるサービスをユーザごとにカスタマイズする



パーソナライズシステムの要素技術として利用される。
Netscape Communications社が同社のブラウザにCookie



を組み込んだのが始まりで、標準化団体で正式に規格化されている
わけではないが、多くのブラウザがサポートしており、事実上の

業界標準となっている。
 1つのCookieには4096バイトのデータを記録でき、最大で300のCookie


を保存できる。1台のサーバが同じコンピュータに対して発行できる
Cookieの数は20個に制限されている。Cookieにはそれぞれ有効期限を


設定することができ、有効期限を過ぎたCookieは消滅する。



役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ



トップページへ
読み方 : アールエスエス フルスペル : Rich Site Summary
別名 : Really Simple Syndication, RDF Site Summary

Webサイトの見出しや要約などのメタデータを構造化して記述する
XMLベースのフォーマット。



主にサイトの更新情報を公開するのに使われている。
RSSで記述された文書には、Webサイトの各ページのタイトル、



アドレス、見出し、要約、更新時刻などを記述することができる。
RSS文書を用いることで、多数のWebサイトの更新情報を統一的な



方法で効率的に把握することができる。
指定したサイトのRSS情報を取り込んで更新状況をまとめた



Webページを生成するアンテナ(巡回)ソフトや、デスクトップ
に指定したサイトの更新情報を表示するティッカーソフトなどが


開発されている。また、ニュースサイトや著名なウェブログなどでは、
更新情報をRSSで公開するところが増えている。





RSSにはいくつかのバージョンがあるが、数字の大きいものが
上位互換性を持った後継規格というわけではなく、いくつかはそれぞれ



別物になっているため注意が必要である。
最初のバージョンはNetscape Communications社が



「My Netscape」サービスのために1999年に開発したバージョン0.9である。
これはコンテンツのメタデータを記述する包括的な仕様




「RDF」をベースにしたものだったため、RSSバージョン0.91では、サイトの
更新情報の配信に特化した仕様に改められた。



その後、RSS関連の技術から手を引いたNetscape社に代わり、
RSS-DEVワーキンググループという開発者集団が再びRDFベースの



仕様「RSS 1.0」( 1.0)を提案した。高度な機能をモジュール化して
追加できるなど本格的な仕様だったが、0.9x系列の方を好むユーザ



も依然として多く、こうした人々の手によって0.9xの後継となる
「RSS 2.0」( 2.0)が提案された。こうした経緯のため、RSSの仕様



は大きく「0.9-2.0系列」(Really Simple Syndication)と「1.0系列」
(Rich Site Summary)の2系統に分裂している。



役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ




トップページへ
SNSとは人と人とのつながりを促進・サポートする、コミュニティ型の
会員制のサービスである。


あるいはそういったサービスを提供するWebサイトを指す。
SNSの中心であり主目的は、人と人とのコミュニケーションにある。


友人・知人間のコミュニケーションを円滑にする手段や場を提供したり、
趣味や嗜好、居住地域、出身校、あるいは「友人の友人」といった



つながりを通じて新たな人間関係を構築する場を提供している。
人のつながりを重視して「既存の参加者からの招待がないと



参加できない」というシステムになっているサービスが多いが、
最近では誰でも自由に登録できるサービスも増えている。



代表的なSNSとして日本最大の会員数を持つmixi、世界最大の
会員数を持つMySpaceなどがある。



又、2004年頃より大手企業各社でも社内でのコミュニケーション
の活性化や内定者囲い込み、上場企業会計改革および



投資家保護法(SOX法)対策等にも使われはじめており、
有名な事例としてはジョンソン&ジョンソン、NTT東日本の



社内活用や、総務省の省内活用があげられる。
社内SNSには情報の地域間格差を解消するために導入している企業も多い。



役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ




トップページへ
ドロップシッピング(Drop Shipping) とは、インターネット上に
おける商品の広告または販売の一形態で、商品等をウェブサイ


トの閲覧者が購入した場合に、商品の発送(場合によっては請求も含む)
を販売したウェブサイトの提供者、あるいは広告者ではなく製造元や卸元


が直接行う取引方法の名称である日本では一般的な卸元直送サービス
は2006年以前にすでに存在したが、インフラとしてのドロップシッピング


プラットホーム、あるいはドロップシッピング・サービス・プロバイダを目指
すサービスは2006年9月頃に開始された。


商品在庫を持つことなく、既存のサイトにショッピング機能を付けること、
独自にECサイトを立ち上げることが出来る。



サービスが開始直後から売れ筋商品の欠乏という根本的な問題に
直面しているとされる。


例えば、通常の小売が卸会社から商品を卸して貰う際、当然売れ筋
の商品を数多く欲しいと願う。それはドロップシッピングでも言える事だが、



元々、卸と小売には長い歴史があり、長い間顔を突き合わせて交渉を
行ってきた。その繋がりはWeb上での繋がりと言えるドロップシッピング


よりずっと強固である。売り上げが全く不明なドロップシッピングよりも
過去の実績があり、利害が左右する小売に卸すのを優先するのは当然


と言える。よってドロップシッピングに回ってくるのは、売れ残りだったり、
売れ筋商品があっても数が少ないと言う、根本的な問題点を抱えている。



このような事情の為か、ドロップシッピングを主催する広告会社達は
一斉に手を組み、取り扱える商品点数を上げる努力を鋭意行っている。


また、アフィリエイトと比較するとWeb上の物品販売は代金決済が必要であり、
それに伴う責任も発生するため、会員登録、資料請求等、代金が発生しない


物よりも敷居がかなり高い。さらに継続した売上を望むには相当なアクセス数
を持つサイトでなければならず、物販の責任問題も発生するため、単に売れ筋



でない商品の販売責任の転嫁に過ぎないとも見方も有り、各アフィリエイトサイト
も及び腰である。



一方、顧客情報、売上データは自分で管理可能な場合もあるために、
アフィリエイトの様に広告主から一方的に報酬承認を拒否されることはない。


ただ、売上データが自分で管理できない場合は責任問題だけ
背負う可能性がある。


役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ





トップページへ

情報商材(じょうほうしょうざい)とは、主にインターネットを介して売買される情報のこと。


単に情報と呼ぶことも多いが、情報商材はそれ自体に金銭的な価値を設定し、売買されるものうち「ある目的を達成するための方法」を指すことが多い。そのため、インターネットを通じて画像や動画、文章などの著作物をコンピュータのファイルとして売る場合は情報商材とは呼ばないようである。情報商材を販売することを情報販売と呼び、情報商材の販売を職業として始めることを情報起業と呼ぶ。インターネットが出来るまえは情報商材と言う言葉自体存在しなかった。





気が向いたらクリックしてやってください。

⇒人気ブログランキング



トップページへ
Google AdSense



グーグルが行っているサイト運営者向けのアフィリエイトプログラム。
申込型のサービスで、所定の手続きを経て認められれば、だれでも参加できる。


クリック回数に応じて参加者にGoogleの売上げの一部が報酬として支払われる。
サイトの内容をGoogleのサーチエンジンで解析し、その内容を元に関連性


の高い広告を配信する仕組みである。
以前は、報酬の支払いが、アメリカからアメリカドルの小切手を送る方法が



とられていて、現金化する手数料が高いことや手続きが分かりにく
いこともあり不評であった。これを受けて2005年8月から日本で銀行


振り込みによる支払いが開始された。クリスマス頃、一定の利益を
上げた運営者には米Googleから、クリスマスプレゼントが届いている。


役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ



トップページへ
アドワーズ(Adwords)は、検索連動型広告の一つで、
Google社のもの。


Google 社の主要な収入源である。
Googleが行っている広告主向けの広告出稿サービス。


Googleの検索結果やGoogle AdSenseを取り入れているサイト、
また提携している複数のポータルサイトなどに、サイトの内容に


適した広告を自動的に配信し表示する。
検索連動型広告と呼ばれるタイプ。



広告料はキーワードの組み合わせごとに1クリック単位でオークションに
よって決定する。


また広告のクリック数が一定の割合を下回ってしまうと、
その広告は表示されなくなってしまう。


このキーワードに対するオークション方式について、
2005年2月にルイ・ヴィトンがGoogleを訴え、結果として




商標偽造、不正競争、誤解を招くような広告が有罪となり、
Googleに20万ユーロの罰金支払いが命じられた。



この事件はGoogleの収入の多くが広告料である事や同業の
Yahoo!も傘下のOvertureを通じて多額の収入を得るなどという



状態であったため、検索エンジン業界に大きな影響を与えた


役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ



トップページへ
バナー (banner) はウェブページ上で他のウェブサイトを紹介する役割をもつ画像(アイコンの一種)のこと。主に広告・宣伝用に作られ、ウェブサイトへのハイパーリンク用にも利用される。画像にはリンクを張り、クリックするとそのバナーが紹介するサイトを表示するようになっている。

横長帯状のものが一般的だが、近年は縦長のものや正方形に近いものも多い。 Bannerの語には、本来「旗」「垂れ幕」「幟」などの意味があり、帯状の広告画像が宣伝用の垂れ幕を連想させることからこの名がついたとされ、英語では本来のバナーと区別するためにウェブバナーと呼ばれる事もある。 なお、日本ではしばしば「バーナー」と誤記されることがある。

役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ




トップページへ
ブログとホームページの違い
一般にウェブサイトと呼ばれるものには2種類あります。
それがブログ(blog)とホームページ(HP)です。


ブログの特徴
簡単に言うとホームページの進化版です。

作成・編集が簡単

ホームページの場合は、HTMLを覚えなければいけなかったり、専用のソフトを使ったりしなければホームページを作成することができませんでした。


また更新のときも、自分のパソコンで更新部分を書き換えた後、更新したページをサーバーに送る必要があり、ホームページの更新というのはとても手間がかかります。



しかしブログの場合は新しいブログの作成も、記事の編集も、ブラウザから簡単に行うことができます。


またHTMLを知らない人でも、文字に色をつけたり、お気に入りのサイトにリンクをしたりすることがボタン一発でできます。



さらにテンプレートを使うことによって、素人でも素敵なデザインのブログを作ることができる上、デザインの変更も簡単です。

記事は時系列


ホームページの場合、ページはジャンルごとにまとめられていることが多く、トップページから自分の読みたいジャンルへと進んでいくことになります。



ブログの場合、記事は新しい記事が上に来るように時系列に並びますので、最新の情報をすばやく読むことができます。


設定を遠い未来にして自分の好きな記事・読んでもらいたい記事を上に表示することもできます。


コメント機能

ブログでは記事に対してコメントをすることができます。



トラックバック機能


ブログにはトラックバック機能もあります。




トップページへ

検索エンジンスパム(けんさくエンジンスパム)とは、GoogleやYahoo!等の検索エンジンで自身のウェブサイトが検索結果の上位に表示させるように、何らかの仕掛けをすること、および施されたウェブページをいう。


役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ




トップページへ
ここまでブログを作って、そこに広告を貼り、自分で無料資料を請求しました。

これで、アフィリエイトの流れはつかんだと思います。

でもつらい現実があります。

一般的にブログやホームページでアフィリエイトをすることを「サイトアフィリエイト」

と言われています。要するにブログやホームページにアクセスを集めて
物販したりクリックしてもらったりして報酬を得るんです。

だからアドセンスの場合アクセスの数が少ないと報酬が発生しづらいわけです。そこでSEOが大切になります。

検索エンジンで上位に持っていくには、時間がかかります。

ほとんどの人が検索エンジンから誘導されてくるので、検索エンジン

で上位に表示されないと、ブログをみてもらえません。

いいとこ1位から20位ぐらいしか目立ちません。私はそのぐらいしか

見ません。また商品を自分のブログから購入してもらうには信用第一です。(ブランディング)時間がかかります。

地道にやりましょう。あとブログのどこの場所がクリックされやすい

とか、いろいろテクニックがあります。このサイトではおおまかな

流れを説明しますので、テクニックについては無料レポートや、優良

商材を購入して勉強してください。

当ブログイチオシ商材です

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



【沼倉×インフォ侍】◆ブログアフィリエイト最終奥義◆超爆裂!大逆転アフィリエイト



ブログとホームページの違い


役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ




トップページへ

アフィリエイトを練習します。

まずはブログアフィリエイトが良いでしょう。


無料で出来るので、練習にはもってこいです。


ASP審査用に作ったブログに広告を貼り付けて見ましょう。


A8ネットを開いてみてください。


AS会員のログインIDとパスワードを入力します。


そうするとAS会員ページが出ます。


プログラムの検索をクリックしてください。ここで条件を指定してプログラムを検索します。


今回は練習なので、無料資料請求のプログラムを探してください。


その中でも、本人申し込みOKというプログラムを選びます。


そしてプログラムを選んだら、「申し込み詳細」をクリックしてください。

次の画面で「プログラム契約」をするをクリックしてください。


ASPに登録するのに審査があったように、各プログラムにも審査があります。


審査には数日かかるものもあれば、すぐに承認されるものもあります。


承認されるとメールでお知らせがきます。


承認されたら、A8ネットにログインして、現在参加プログラム一覧を見てみると、承認されたプログラムが表示されているはずです。


そのプログラムの「広告リンク」をクリックして、いろいろな広告素材の中から好きなものを1つ選択します。

<a href から始まる文字列を全てコピーしてください。


次にブログの記事投稿画面を開きます。


そして記事の入力欄に先ほどコピーした文字列を貼り付けて投稿ボタンを押せば、あなたのブログへの広告設置が完了です。


あとは誰かが広告をクリックして、資料請求をすればあなたの口座に後日報酬が振り込まれます。


今回は本人申し込みOKのプログラムを選択したので、自分でクリックして資料請求します。


これでアフィリエイトの流れがつかめます。


次はアフィリエイトの進め方


役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ




トップページへ
アフィリエイトは0円からはじめられるビジネスなので、リスクが ゼロというところが魅力です。


ですがゼロから始めていたのでは、時間がかかってしかたありません。


アフィリエイトとは関係ありませんが、少し前に私はある会社を興しま した。


ノウハウも経験も人脈も自信がありました。 だからこそうまくいくと思っていました。


ですが結果は惨敗! ほとんど仕事がとれませんでした。 どん底からのスタートでした。



でもそれを救ってくれた人たちがいます。


経営コンサルタントです。


すごい出費ですよ!この付近の市場調査と集客ノウハウで


300万円月次支援で月30万円かかっています。


でも最初にかかった300万円は3ヶ月でペイできました。


月々の30万円もまったく問題なく払えています。



アフィリエイトも立派なビジネスです。私が経営している株式会



社と同じだと考えています。


もしゼロから一人で始めたとしたら、膨大な時間と労力を必要とするでしょう。


そこでどうするか?


ノウハウ(情報商材)を買うんです。私の会社のように年間


900万円もかける必要はありません。


情報商材は安いもので3000円くらいからあります。


ほとんどが、金儲け主義の詐欺商材か無料レポートで手に入るものを有料で売っているようなゴミ商材ですが、超優良商材も存在します。


このサイトのように情報商材をレビューしているサイトが数多く存在していますので、いろんなサイトを見て研究してください。

情報商材のレビューを読んでいるうちに、あれも欲しい、これも欲しいといろいろな商材を購入してしまいがちですが、最初



はどれか1つに絞って、それをしばらく実行して全て理解できたら次の商材を購入というかたちをとったほうがいいと思います。


わたしは同時に何個も購入してどっちつかずになってしまいました。


しかも商材のレビューをまったく読んでなかったので、悪徳商



材に引っかかりましたが、みなさんはしっかり情報を仕入れてから購入してください。


ちゃんと優良商材を選んで地道に実践できれば、ちゃんと結果がでるはずです。


よく不労所得という言葉を耳にしますが、トップアフィリエイターさんたちも多少の努力はしないとだめだといっています。

諦めずこつこつやるしかありません。




時間がかかるブログアフィリ



 役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ





トップページへ
アフィリエイトをはじめるには、まずASPに登録しなければいけません。
このASPに登録することで、いろんな会社の広告を扱えるようになります。


登録は無料です。


代表的なASP


infotop

インフォカート

インフォストア

アクセストレード


登録方法はそれぞれのASPのホームページに詳しく
掲載されていますので登録してみてください。



 例


A8ネットを開いてみてください。 


「AS会員に登録」をクリック。  


規約に同意してください。  


つぎに ログインID、パスワード、名前、メールアドレス、サイト名称、サイトURLの入力をします。


  ログインIDとパスワードは自分で決めてください。  


サイト名称とサイトURLは、先ほど作った日記ブログの  情報を入力します。  


次に詳細情報を入力する画面が出てきます。  


ビジター数、ページビュー数などを入力します。  


どちらも最低の数値でOKです。   


最後に振込み口座を入力すれば完了です。 これでアフィリエイトが始められます。


無料ですので、安心して申し込めます。



ASPの登録が終わったら、グーグルアドセンスにも登録しておきましょう。


グーグルアドセンスは1クリック何円という、クリック課金報酬サイトなので、


成果報酬型広告に比べて、ハードルが低いといえます。


初心者にはやりやすいでしょう。





役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ




トップページへ
アフィリエイトは簡単に言うと、個人広告代理店です。

アフィリエイトをするにはいろいろな方法があります。
ブログやホームページ上で行うサイトアフィリエイトやメルマガを発行

して行うメルマガアフィリエイトがあります。


アフィリエイトをはじめるには、まずアフィリエイトを管理している会社ASPと契約する必要があります。


手順


まずはじめに、契約の際の審査用にブログを作成します。ポイントは、普通の日記を作ることです。審査に通りやすいからです。


 初めてブログを作る方は、操作が覚えやすいSeeSaaブログがいいと思います。


こちら SeeSaaブログ


 SeeSaaブログを開いてください。 そして、新規登録をクリックしてブログサービスを申し込みます。


メールアドレス、パスワード、氏名を入力すればサービスへの申し込みは完了です。


次にブログを作ります。 ホスト名、ブログタイトル、ブログ説明、ニックネームを入力する欄が出てくるので、全て入力してください。 好きなように入力してOKです。



ホスト名    nikkida


ブログタイトル エスの日記


ブログ説明   エスの日常を日記にします


ニックネーム  エス こんな感じでOKです。


 記入したら、情報を送信してください。 マイブログに先ほど作ったブログが表示されますので、記事をクリックしてください。


 そして日記を投稿します。 文章を入力して保存ボタンを押せば記事が出来上がります。 これで記事が1つできたはずです。


 ASPの審査用ですので、記事は10個(10日分)投稿してください。 ブログは日付を操作できるので、まとめて何日分も投稿できます。


 過去にさかのぼって、10日分投稿して見ましょう。 記事投稿をクリックすれば、投稿画面が空白になるので新しい記事を入力できます。


 最後に、下のほうにある記事投稿日時を操作します。 そして保存ボタンを押してください。 記事を10日分投稿できたら、完成です。 実際にブログをみて確認してみてください。


右上にある「ブログを見る」をクリックすれば確認できます。 ブログができたら、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に登録します。


このASPに登録することで、いろんな会社の広告を扱えるようになります。 登録は無料です。


 代表的なASP


 infotop


インフォカート


 インフォストア


 アクセストレード


 A8.net


登録方法はそれぞれのASPのホームページに詳しく掲載されていますので登録してみてください。


 例


A8ネットを開いてみてください。 


「AS会員に登録」をクリック。  


規約に同意してください。  


つぎに ログインID、パスワード、名前、メールアドレス、サイト名称、サイトURLの入力をします。


  ログインIDとパスワードは自分で決めてください。  


サイト名称とサイトURLは、先ほど作った日記ブログの  情報を入力します。  


次に詳細情報を入力する画面が出てきます。  


ビジター数、ページビュー数などを入力します。  


どちらも最低の数値でOKです。   


最後に振込み口座を入力すれば完了です。 これでアフィリエイトが始められます。


無料ですので、安心して申し込めます。


ついでに、グーグルアドセンスにも登録しちゃいましょう。


 大手グーグルが提供するクリック課金報酬サイトです。 これをあなたのサイトに貼り付けるだけで。あなたのサイトに訪問してきた人が、貼り付けた広告をクリックするだけで 報酬が発生します。


これで各ASPの審査に通れば、自分のサイトに広告を貼ることができます。


アフィリエイトがスタートできます。


でも


グーグルアドセンスの審査に通るまで、広告を貼らないようにしてください。


 ※グーグルアドセンスの審査に通るまでの注意点


これは申請用ブログ。
  googleに信用してもらうことが目的ですので以下に注意してください。


 ・1日1記事ではないです。
  申請用に10日かけるのではなく10日分を書いて投稿日付はずらしてください
  (日付は投稿画面の詳細で設定できますし1時間あれば10記事書けます)


 ・1記事400文字くらいは書いてください



 ・プロフィールにも本名を書いてください



 ・アフィリエイト関連は全て外してくだい(広告を貼らないようにしてください)



 ・書くことが無い場合、その日に起こった事を記事にしてください。


例  今日は、久しぶりに買い物に出かけた・・・・


    今日は早起きをした・・・


日記ならなんでもいいっす。


 ・グーグルアドセンスの審査に一度落ちてる人は、落ちたときと違うメルアドで挑んでください。


これで各ASPとグーグルの審査は通るはずです。


アフィリエイトの開始です!  



 



いよいよ実践練習をします

役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ





トップページへ
情報商材(じょうほうしょうざい)とは、主にインターネットを介して売買される情報のこと。

単に情報と呼ぶことも多いが、情報商材はそれ自体に金銭的な価値を設定し、売買されるものうち「ある目的を達成するための方法」を指すことが多い。そのため、インターネットを通じて画像や動画、文章などの著作物をコンピュータのファイルとして売る場合は情報商材とは呼ばないようである。情報商材を販売することを情報販売と呼び、情報商材の販売を職業として始めることを情報起業と呼ぶ。インターネットが出来るまえは情報商材と言う言葉自体存在しなかった。


役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ




トップページへ



買ってはいけません!詐欺商材です。

販売URL http://kazuboy.jp/sns1.html


はっきり言って時間とお金の無駄です。まったく稼げません。
マニュアルどうりに実行しても素人には、稼げませんよ!

稼げているのは、この商材の販売者だけです。稼げたという話も聞きましたが、初期に実践された方だけだと思います。おそらく。

この商材ではもはや1円も稼ぐことはできないでしょう。

ノウハウを世の中に出した時点でおわりです。

内容も薄っぺらで、mixiを理解している方なら誰でも知っているような
ノウハウです。

そしてこの方法だと、確実にID削除されます。


とにかく販売者がこの商材を売って稼ぐための商材です。


簡単に言うと、購入者にこの商材を売って稼げと言っているのです。


この販売方法が問題で、詐欺師のように上手に書かれているセールスレターを読んで、知らない人が買おうかな?という気がおきます。


しかも購入者の声が載ってるので素人は信用してしまいます。


さらにインフォカートランキング上位なので信用して買ってしまいます。

買った商材をそのまま実行して、この商材を売っていく、そしてまた
ランキングがあがっていく。


ものすごい詐欺システムが出来上がっています。


私が参考にしている、情報商材レビューサイトの管理人さんが「ウイルスのような売り方」と言っていましたが、まさにそのとおりです。

ずっと売れ続けているんです!


ですが買ってしまった方、返金してもらった人もいるようですので、金返せ!と言ってみてください。返ってくるかも。

■セールスレターは大げさ
■1円も出す価値なし
■他サイトでも最悪の評判
■ID削除される
■インフォカート上位なので注意

この商材は3点。  何事も経験です。3点分勉強させていただきました。


役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ



 

トップページへ













この商材うまくやれば収入にはつながるのですが、ブログのID削除されます。


仕組みはかなり面白いです。seesaaブログのある機能を利用して、放っておいても記事がどんどん増えていきます。


ブログ作成のしかたも、結構分かりやすくかかれており、ブログ自体も1時間くらいで出来上がります。


私も試しに1サイトほったらかしにしてみました。知らない間に記事が自動でどんどん増えていきます。


放っておいたら、見事にID削除されました。


目の付け所はすごいです。へーこんなことできるんだーと関心してしまいました。ま3000円なのでありといえばありなんでしょうけど。


IDが削除される以上、私的にはNGな商材です。購入したあと、メールが何回か届いてIDが削除されないようにするには・・・


なんてサポートもありなのですが、はじめから削除されない方法でブログアフリエイトをしたいものです。


この商材にそって、作業をしていくと同じことやってる人がかなりいます。低価格だからでしょうか。


こんなにいて大丈夫?と不安になります。この商材もデータが消えてしまったので、インフォプレナーに、データを再送して


いただけないでしょうか?とメールを送りましたが返事は返って来ませんでした。









■ひねって考えないと稼げない
■価格は低価格3000円
■他サイトの評価は悪くない
■ブログIDは削除されます
■点数は30点。

目の付け所はいい。でも○○い系の掲示板に書き込みするのがめんどくせー!


2サイト目は作る気になれませんでした。



役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ



トップページへ
情報商材の感想と評価



実際に私が購入した情報商材を独断偏見で評価していきます。



【評価基準】


1.ホームページのタイトルと説明が誇大でないかどうか

販売者としてセールスレターで読む人間を魅了するのは重要なことですが、

あまりに内容とかけ離れたものは減点。



2.値段に見合っているか

情報販売の基本概念を無視して、

無料レポートや、一般書籍で手に入る程度の情報を高額で販売しているものも減点。



3.実際にそのノウハウ通りに実践することができるかどうか

理想論満載で実践不可能なノウハウは、

詐欺行為なので減点。



4.初心者でも実行可能か

ドシロウトの目線から見て実践可能かどうかも評価します。




以上、4点に基づき検証・評価・レビューしていきます。





役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ





トップページへ
【2ティアとは?】

まず、最初に、AさんがあるASPをBさんに紹介し、
そして、BさんがそのASPに登録したとします。

この時点で、Aさんが紹介者(親)、BさんがAさんの紹介で入った
アフィリエイター(子)という関係が成り立ちます。

BさんはAさんのダウンになります。

この関係が成り立つと、「子」の報酬の数パーセントは常に「親」にも
支払われるようになります。まさに不労所得です。

数パーセントという料率はASPによって違います。

例として2ティア報酬が5%であるASPがあったとします。
例えば、Bさんが10000円の成功報酬を得たとします。

するとその5%の500円がAさんに支払われます。
Aさんは何も販売していないにも関わらずです。

この関係は、ASPにおいてAさん、またはBさんがそのASPを退会するまで
続きます。つまり、Aさんは何もしなくてもBさんが稼いでいる限り


報酬を受け取れるというわけです。

しかしBさんの報酬から引かれる訳ではないので、Bさんは損はしません。

Aさんのダウンにあたる「子」にあたるアフィリエイターは何人いてもかまいません。

「子」が多いほど、報酬も大きくなってきます。

中には、広告主が2ティアの確率を決められるASPもあり、2ティア報酬30%なんていう例もあります。「2ティア」で稼ぐ、なんてのもありですよね!


役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ




トップページへ


HyperText Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ、HTML)は、ウェブ上のドキュメントを記述するためのマークアップ言語である。

ウェブの基幹的役割を持つ技術の一つで、HTMLでマークアップされたドキュメントはほかのドキュメントへのハイパーリンクを設定できるハイパーテキストであり、画像・リスト・表などの高度な表現力を持つ。

HTMLは現在W3Cによる標準規格であるが、最近では後継規格であるXHTMLへの置き換えが進められている




特徴
HTMLの特徴は、ハイパーテキストを利用した、相互間文書参照のフレームワークである。マークアップはプレーンテキストの文書を要素で括って意味付けすることで行い、文書の特定要素にURIを用いた他文書へのリンクを記載しておけば、ユーザエージェントはそれを解釈して指定された他文書を表示させる事が可能となる。また、マークアップを施す際に引用や画像の埋め込み、文書のタイトルの指定などを定める要素を記載すれば、ユーザエージェントがそれらを解釈し、形態に見合った表示を行う。HTML はそうしたマークアップの規則を定めている。

マークアップ規則はDTDとして公開され、要素ごとに記載することの出来る属性、内容に含むことの出来る要素などが定められている。2007年4月現在の最新バージョンである XHTML 1.0 では[1]、厳密なもの (Strict)、HTML 3.2からの移行過渡期のためのもの (Transitional)、フレームを用いた文書のためのもの (Frameset) といった3つのDTDが定義されている。

要素は開始タグ、内容、終了タグの三つで構成される。開始タグ・終了タグはそれぞれ <要素名>, のように表現される。必要であれば、要素に付加する特性を現す属性を記述してよい。属性は開始タグの中に、要素名に続けて属性名と属性値の組み合わせを記述する。要素名と属性名については大文字と小文字を区別しない。属性値については、属性によって大文字と小文字を区別するかどうかが個別に定められる。要素によっては、文脈上一意に特定できる場合は開始タグや終了タグを省略できる[2]。また内容を持たず開始タグのみで構成される空要素も存在する[3]。さらに一部の属性についても属性値の省略が可能となっている[4]。

HTML 3.2 では見た目を左右する要素や属性が追加されたが、HTML は本来文書構造を示すためだけにその存在意義があり、それらの要素は目的に反するものとされた。そのため視覚的・感覚的効果を定義する手段としてスタイルシート(一般にはその中のCSS)が考案された。見た目を左右する要素や属性の一部は、HTML 4以降では非推奨とされており、HTML 4.01 Strictでは定義されていないので使用できない。ただし、非推奨とされず、HTML 4.01 Strictで定義されている要素や属性の一部にも見た目を左右するものがある。装飾的な視覚表現のためにそれらの要素や属性を用いているのであれば、その内容に適する要素を用いた上で、スタイルシートで表現を指定すべきである。


HTML文書
HTMLで書かれた文書をHTML文書と言い、DTDによって定義される書式に沿って記述しなければならない。DTDは文書型宣言(DOCTYPE宣言)で宣言したバージョンのものが選択される。

以下よりDTDはHTML 4.01 Strictのものを使い、要素名は大文字、属性は小文字で記すものとする。ただし、上述の通りHTMLにおいて要素名・属性の大文字小文字は区別されない。

HTMLでは、まず文書型宣言が必要となる。HTML 4.01 Strictの文書型宣言は以下のようなものである。

このとき、HTML 4.01 Strictの使用およびその DTD の場所が明示されている。

次にHTML文書の例を挙げる。






HyperText Markup Language - Wikipedia



HyperText Markup Language


HTMLは、SGML
アプリケーションの一つで、ハイパーテキストを利用してワールド
ワイドウェブ上で情報を発信するために作られ、
ワールドワイドウェブの基幹的役割をなしている。
情報を発信するための文書構造を定義するために使われ、
ある程度機械が理解可能な言語で、
写真の埋め込みや、フォームの作成、
ハイパーテキストによるHTML間の連携が可能である。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


このHTML文書は次のような構造を示している。

文書型宣言
HTML要素(ルート要素。また、言語コードjaの言語が使われていることの明示)
HEAD要素(この文書のヘッダ情報の明示)
META要素(文書のメタ情報。この場合、HTTPヘッダの代用)
LINK要素(他のリソースとの関連を明示。この場合、作者の明示)
TITLE要素(この文書のタイトルの明示)
BODY要素(この文書の内容の明示)
DIV要素(ブロックを明示)
H1要素(第一レベルの見出しを明示)
P要素(段落の明示)
A要素(他のリソース([1])へのアンカーであることの明示)
STRONG要素(強い強調であることの明示)
タグによって文字列を括ることによりその文字列の意味付けがなされる。ユーザエージェントはそれを解釈して、例えばGUIによるウェブブラウザであればSTRONG要素で括られたテキストを太字として表示するなどする。また、スタイルシートを用いることで見た目などを指定することができるようになっている。


HTMLタグ
タグとは本来 < に始まり > に終わる要素を記述するための符号を示す意味で用いられる言葉であるが、HTMLの要素を示す意味でタグと言う言葉が用いられることもある。W3C勧告のHTML4.01仕様書には、「要素はタグではない」としてこの用法を明確に否定する文言が見られる[5]。

Webページを構築するCSSやJavaScript、CGIなどのこともタグであると言う事例があるが、これらは要素を記述する符号と言う意味が派生・曖昧化したものであり、コンピュータ用語として正しい用法であるとはいえない。


歴史
HTMLは、環境に依存せずHTMLを書く側・読む側で矛盾が起こらぬよう標準化が進められてきた。初期はIETFからRFCとして標準化されていた。HTML 3.2 からはW3Cがその役目を担っている。

オリジナルのHTML(および多くの関連したプロトコル、HTTPなど)はティム・バーナーズ=リーによって、NEXTSTEPの動作するNeXTcubeワークステーション上で開発された。当時のHTMLは仕様ではなく、直面していた問題を解決するためのツール群であった。直面していた問題とは、バーナーズ=リーやその同僚たちがどのように情報や進行中の研究を共有するかということである。彼の成果は後に国際的かつ公開のネットワークの出現として結実し、世界的な注目を集めることになった。

HTMLの初期のバージョンはゆるい文法規則によって定義されており、ウェブ技術になじみのない層に受け入れられる助けとなった。ウェブブラウザはウェブページの意図を推測し、レンダリングを実行するのが一般的であった。やがて公式規格においては厳格な言語構文をつくることを志向するようになっていったが、ブラウザにおいては妥当なHTMLからは程遠いページをレンダリングすることがまだ続いている。

HTMLが形式的な仕様として定義されたのは1990年代のことであった。それは今までのSGML風のマークアップ言語にインターネットのためのハイパーテキストの機能を取り入れる、というバーナーズ=リーの提案に大きく影響を受けたものだった。初めてHTMLと呼ばれ、1993年にIETFから公開された仕様(バージョン 1.0)から文法定義のDTDを持つようになり、形式的なSGMLアプリケーションとなった。また1994年にIETFのHTMLワーキンググループが発足した。しかし、2.0以降のIETFの元での開発は他の開発との競合から停滞した。1996年からはW3Cによって、商用ソフトウェア・ベンダーからの支援も受け、HTMLの仕様が標準化されている[6]。また2000年からは国際標準ともなった(ISO/IEC 15445:2000)。W3Cから公開された最新のHTML仕様はHTML 4.01である。


HTML 1.0
1993年6月に、IETFのIIIR Workingグループより提出されたインターネット・ドラフトを通常HTML 1.0と呼ぶ。このドラフトはティム・バーナーズ=リーおよびダニエル・コノリーによって、ティムの出したHTML Design Constraintsに極力従うように書かれた。

HTML仕様書
HTML+
この節は、書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
HTML+仕様書

HTML 2.0
1995年11月に、IETFのHTMLワーキンググループによってRFC 1866として仕様が発表された。HTML 2.0はRFC 2854によって破棄された。

HTML 2.0仕様書 (日本語訳)

HTML 3.0
策定作業が行われたが、ドラフトの段階で策定途中に破棄された。

HTML 3.0仕様書

HTML 3.2
1997年1月14日に、W3C勧告として仕様が発表された。

HTML 3.2仕様書 (日本語訳)

HTML 2.x
1997年1月、RFC 2070として発表された。「HTML i18n」とも呼ばれるが、現在はRFC 2854によって破棄された。

日本語を扱えるHTMLのバージョンとしては、最も古い。

HTML 2.x仕様書(日本語訳)

HTML 4.0、HTML 4.01
1997年12月18日に、W3C勧告としてHTML 4.0の仕様が発表された。HTML 4.0は1998年4月24日に仕様が改訂された。この仕様にいくらかのマイナーな修正が加えられたHTML 4.01は1999年12月24日にW3C勧告となった。Strict DTDの他にHTML 3.2からの移行過渡期のためのTransitional DTDとフレームを使うことのできるFrameset DTDの3つのスキーマを持つ。

この後、HTML 4.01をベースとしてXHTML 1.0が策定されることになる。

役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ



トップページへ
3000円という低価格なうえに、初期版138ページバージョンアップ
版79ページの全217ページのボリュームでさらにサポートありの商材。



厳選された検索エンジンリストまで付いて来る、初心者向け携帯サイト
でのアフリエイトマニュアル。




初期版では検索エンジンの登録に登録ツールを購入しなければならず、
そのツールでは時間がかったのですが・・・




しかもアフィリエイト出来る会社も、楽天とアマゾンに限られアフィリエイトの幅が
狭く不満が残る商材でしたが3000円と言う低価格を考えると優良商材でした。


ところが



バージョンアップ版で検索エンジンリスト自動登録ツールまで追加され、
検索エンジンリストもさらに追加されているんです。



バージョンアップして、楽天、アマゾンに関係なく どのASPもアフィリ出来るようになり
着メロ、デコメ、ゲーム、資料請求、金融など広告さえASPにあれば、なんでも



アフィリエイト可能になりました。
ここまで、出来て3000円とは


異常としか言いようがありません!!


内容


目次
1.はじめに
2.準備編
2-1.携帯ホームページ自動生成ツールのダウンロードとインストール
2-2.忍者ツールス(無料ホームページレンタルスペース)のアカウント登録
2-3. FFFTP(無料のホームページアップロードソフト)のダウンロードと設定
2-4.楽天アフィリエイトへの登録
2-5.アマゾン・アソシエイト(アフィリエイト)への登録
3.練習編
3-1.サンプルサイトの作成
3-2.サンプルサイトのアップロード
4.実践編
4-1.売れる商品の見つけ方
4-2.本稼動サイトの作成の仕方
4-3.サイトのアップロード
5.アクセスアップ編
5-1.アクセスアップについて
5-2.中小検索エンジンへの登録
検索エンジンへの登録の仕方(手動登録)
検索エンジンへの登録の仕方(自動登録)
6.成果の確認方法
7.最後に

特典

検索エンジンリスト


■追加された内容

目次
1.はじめに
2.準備編
2-1.楽造のコピー
2-2.楽造のテンプレートファイルの差し換え
3.練習編
3-1.ポケットアフィリエイト登録用サイトの作成
3-2.ポケットアフィリエイトへの登録
3-3.楽造の設定とテストサイトの作成
■優良アフィリエイト広告代理店集
4.実践編
4-1.実践編に入る前に
4-2.効率よく大量にサイトを作る方法
4-3.検索エンジン自動登録ツール用のサイトデータの作成
■ひねりのヒント

特典

検索エンジン自動登録ツール
サイトテンプレート
稼げるキーワードリスト


どうでしょうか???
これで3000えんですよ!


ノウハウ的には実践可能で、低価格、さらに楽天のポイントをうまく
利用するところなんて初心者には思いつきません!



この情報だけでも、3000円の価値があります。



どんなサイトアフリエイトにもいえることですが、いかに稼げる
キーワードを見つけられるかに結果を左右されます。


それが全てです。


そのへんも詳しく説明があるので
マスターできるでしょう!




タイトルの、何も考えずにマニュアル通りに作業をするだけでとあるように、
無料ツールを使ってサイトも簡単に作れるので、サイトアフィリにありがちな



1からHTMLを勉強したり、ホームページを
カスタマイズしなくて済みます。

慣れてくれば、ホームページが5分くらいで作れますよ。


いいキーワードといい広告を見つけられれば稼げる内容です。
他のレビューサイトを読んでみるとと結構おすすめ商材にあげられて


いることからも分かるように、この内容で、
サポートありで3000円はお買い得です。


心配になりメールを送ってみましたが、ちゃんと返事
が返ってきますしサポート体制もばっちりでした。



点数85点

価格を考えるとかなりの優良商材。

セールレターについてですが、何も考えずに
マニュアル通りに作業をするだけで、

初心者でもとありますが、さすがに何も考えずには
稼げないと思いますが、商材代金ぐらいは、

簡単にとりもどせます。


初心者でも実現性は【かなり】高い。




■当ブログから『ホームページが作れなくてOK!何も考えずにマニュアル通りに
作業をするだけで、初心者でも楽々月5~10万円の不労所得が得られる最新

携帯アフィリエイトノウハウ』を購入していただいた方に、特典をお付けしています。


 特典1~5の中から2つお選びください。



特典一覧



特典が有効なリンクはこちら
↓↓↓


ホームページが作れなくてOK!何も考えずにマニュアル通りに作業をするだけで、初心者でも楽々月5~10万円の不労所得が得られる最新携帯アフィリエイトノウハウ





特典請求方法

・商品名
・購入日時
・購入者名
・購入後インフォトップから送られてくるメールのコピー


を記載し【基本特典希望】のタイトルで
メールフォームからメールしてください。

購入が確認でき次第送らせていただきます。









気が向いたらクリックしてやってください。

⇒人気ブログランキングへ





トップページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。