FC2ブログ

情報商材における問題点

ここでは、「情報商材における問題点」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
       情報商材における問題点
情報商材には以下のような悪徳商法と考えられるような物がほとんどであり、利用者には慎重な判断と十分な注意が求められる。


    情報販売における宣伝文句の正確性
情報商材の販売では、往々にして購入者の成功例を載せている。これらはそれ自体の正確性に疑問がもたれる場合も多い。また「あとXX人で販売を終わります」「まもなく値上げします」など購入を煽ることが多いが、これらも事実でない場合が多く、単に「そうしたら売れるかも」という販売テクニックが横行しているだけである。

特に「多額の現金を容易に得る方法」においては購入を促すために、証拠として札束や通帳の画像にオークションIDをかぶせたものを掲載することが多い。しかしインターネットにおいてこういった画像自体を販売するものさえあり、購入する側はこういった事情を知らずに購入することになってしまうことが多く、苦情が多く起こっている。

またインターネットオークションでは、あたかも多く入札があるかのように見せかけるためのサクラを代行する業者がいたり、予め業者と結託して出品履歴を捏造することで優良な出品者を装ったりする。こういった行為が情報販売にも用いられることがあり、注意すべきである。

また情報に書かれていること自体が事実であっても、法律の抜け穴や、機械の欠陥を利用している場合があり、その場合は欠陥が修正されれば情報は無効になる。そういったことを知らないまま情報を購入しても意味がない。パチンコ・パチスロの攻略に置いては機械の欠陥を用いるものが多いが、大抵はすぐ修正されてしまうため、その情報は意味をなさなくなってしまう。


    情報自体の価値、評価の問題
情報によっては、一般に販売される書籍や新聞・雑誌に掲載されている内容と大差なかったり、それ以下の場合もある。例えばダイエットや株式投資に関する本は書店で多く売られているが、それらに比べて情報商材として売られている同様のものは、これらの書籍より情報価値が低いわりに高額なことが多い。しかし、情報商材の方がその金額に見合うような内容なのかは分かりにくい。

情報商材では基本的に書店のような立ち読みが出来ない。そのため、購入したあとに予想したものと全く違った、期待はずれだったということがほとんどである。一般の書籍は新聞・雑誌等の書評、Amazonや個人の運営するサイトなど、様々な方法で実際にその本を読んだ人の評価を見て、購入の参考にすることが出来る。

情報販売のサイトに載っている購入者の声はあくまで販売者が掲載しているものであり、そのほとんどが公平性に欠けている。「成功をした者の喜びの声」といった類のものでも、実際はそのような声はなかったというケースがほとんどである。情報商材が一般に書籍やインターネットで無料で公開されている情報とどう違い、どう価値があるのかを購入者は見分ける必要がある。

中には下記のような、あまりに安易で低俗であり、明らかに価値を見出せないようなものもある。購入するまでは内容を明かさないためこのようなものでもまかり通ってしまうのである。




「○○万円を稼ぐ」→ 情報商材を売りましょう・ポイントメールに登録しましょう
mixiで稼ぐ→ 足跡をつけまくりましょう・ニュースで日記を書いて訪問してもらって自分のサイトに導きましょう
簡単にに有効なメールアドレスを集める→yahooオークションからyahooIDを集め@yahoo.co.jpをつけましょう
ゴルフクラブを格安で手に入れる方法→中古品やオークションを利用しましょう
一日で確実に30万円を手に入れる→消費者金融で30万円借りましょう
安く新幹線に乗る→チケットショップを利用しましょう
アクセスアップをする→トラックバックや掲示板でスパムを行いましょう
検索エンジンで上位を取った→誰も検索しなく高順位の取りやすいキーワードを取りました・SEOスパムをしました


皆さんこのような情報に引っかからないようにこのサイトをおおいに利用してください。

役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ





トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shimihiro.blog108.fc2.com/tb.php/11-860d6571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。