FC2ブログ

ドロップシッピング

ここでは、「ドロップシッピング」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドロップシッピング(Drop Shipping) とは、インターネット上に
おける商品の広告または販売の一形態で、商品等をウェブサイ


トの閲覧者が購入した場合に、商品の発送(場合によっては請求も含む)
を販売したウェブサイトの提供者、あるいは広告者ではなく製造元や卸元


が直接行う取引方法の名称である日本では一般的な卸元直送サービス
は2006年以前にすでに存在したが、インフラとしてのドロップシッピング


プラットホーム、あるいはドロップシッピング・サービス・プロバイダを目指
すサービスは2006年9月頃に開始された。


商品在庫を持つことなく、既存のサイトにショッピング機能を付けること、
独自にECサイトを立ち上げることが出来る。



サービスが開始直後から売れ筋商品の欠乏という根本的な問題に
直面しているとされる。


例えば、通常の小売が卸会社から商品を卸して貰う際、当然売れ筋
の商品を数多く欲しいと願う。それはドロップシッピングでも言える事だが、



元々、卸と小売には長い歴史があり、長い間顔を突き合わせて交渉を
行ってきた。その繋がりはWeb上での繋がりと言えるドロップシッピング


よりずっと強固である。売り上げが全く不明なドロップシッピングよりも
過去の実績があり、利害が左右する小売に卸すのを優先するのは当然


と言える。よってドロップシッピングに回ってくるのは、売れ残りだったり、
売れ筋商品があっても数が少ないと言う、根本的な問題点を抱えている。



このような事情の為か、ドロップシッピングを主催する広告会社達は
一斉に手を組み、取り扱える商品点数を上げる努力を鋭意行っている。


また、アフィリエイトと比較するとWeb上の物品販売は代金決済が必要であり、
それに伴う責任も発生するため、会員登録、資料請求等、代金が発生しない


物よりも敷居がかなり高い。さらに継続した売上を望むには相当なアクセス数
を持つサイトでなければならず、物販の責任問題も発生するため、単に売れ筋



でない商品の販売責任の転嫁に過ぎないとも見方も有り、各アフィリエイトサイト
も及び腰である。



一方、顧客情報、売上データは自分で管理可能な場合もあるために、
アフィリエイトの様に広告主から一方的に報酬承認を拒否されることはない。


ただ、売上データが自分で管理できない場合は責任問題だけ
背負う可能性がある。


役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ





トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shimihiro.blog108.fc2.com/tb.php/20-4875b3ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。