FC2ブログ

RSS

ここでは、「RSS」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読み方 : アールエスエス フルスペル : Rich Site Summary
別名 : Really Simple Syndication, RDF Site Summary

Webサイトの見出しや要約などのメタデータを構造化して記述する
XMLベースのフォーマット。



主にサイトの更新情報を公開するのに使われている。
RSSで記述された文書には、Webサイトの各ページのタイトル、



アドレス、見出し、要約、更新時刻などを記述することができる。
RSS文書を用いることで、多数のWebサイトの更新情報を統一的な



方法で効率的に把握することができる。
指定したサイトのRSS情報を取り込んで更新状況をまとめた



Webページを生成するアンテナ(巡回)ソフトや、デスクトップ
に指定したサイトの更新情報を表示するティッカーソフトなどが


開発されている。また、ニュースサイトや著名なウェブログなどでは、
更新情報をRSSで公開するところが増えている。





RSSにはいくつかのバージョンがあるが、数字の大きいものが
上位互換性を持った後継規格というわけではなく、いくつかはそれぞれ



別物になっているため注意が必要である。
最初のバージョンはNetscape Communications社が



「My Netscape」サービスのために1999年に開発したバージョン0.9である。
これはコンテンツのメタデータを記述する包括的な仕様




「RDF」をベースにしたものだったため、RSSバージョン0.91では、サイトの
更新情報の配信に特化した仕様に改められた。



その後、RSS関連の技術から手を引いたNetscape社に代わり、
RSS-DEVワーキンググループという開発者集団が再びRDFベースの



仕様「RSS 1.0」( 1.0)を提案した。高度な機能をモジュール化して
追加できるなど本格的な仕様だったが、0.9x系列の方を好むユーザ



も依然として多く、こうした人々の手によって0.9xの後継となる
「RSS 2.0」( 2.0)が提案された。こうした経緯のため、RSSの仕様



は大きく「0.9-2.0系列」(Really Simple Syndication)と「1.0系列」
(Rich Site Summary)の2系統に分裂している。



役に立ったと言う方はクリックをお願いします。

⇒人気ブログランキングへ




トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shimihiro.blog108.fc2.com/tb.php/24-57b4377e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。